« Love letter from VE その6 | Main | 断髪式 »

February 05, 2022

Love letter from VE その7

 

 

トラップのトロイダルコア
の巻きを偏らせて、部分的
に線間を密にすることで
インダクタンスを変えて、
それで周波数が下がって、
抑えたい周波数にピークを
持ってくることができました。。

そんな方法があるとは、、

Dsc_2330
3.514でpeak。

 

元々、キットが届いた時に
巻き方が偏っていて雑だな、、
と思って、均等にしてしまっ
ていました。
それが原因で周波数が上がって
しまっていたというわけです。

Dsc_2332
偏った巻き方。。


私は、トロイダルコアには
線は均等に巻かなければ
ならない、と思っていました。

「トロイダルコア活用百科」
にそう書いてあったと思う、、。

 

Dsc_2333
証拠の品。

 

 

指の爪を痛めながら苦労して
線をずらして、トラップの
周波数を合わせましたが、、

VE曰く、
あまりそこにはこだわらずに、
SWRの方を注視した方がよく、
他バンドとの干渉については、
併せて使うBPFの方が効果がある、
とのこと。。

ま、W3NQNを、950円もした
MA-PPで直結していますけど、、

現状、1.8→3.5、3.5→7の2倍
関係のみ影響が出ていますが、
それ以外はOK。

2倍関係については、フィルターの
問題ではなく、ANTの問題との
ことです。ANTの代わりにダミー
つないでみると切り分けができる
とのこと。

確かにダミーなら、もろ2倍のところ
以外は問題はなし。
つまりは、このANTでは打つ手無し
ということか、、
そりゃそうだけどね。

If 5-10KHz away from the 2nd harmonic signal you can hear signal, it is all good.
If the entire band covered by a wide-band noise, probably it is an antenna issue.
You can test your filters connecting a dummy load instead of antenna to test only filter system.
It should be no wide-band noise with a dummy load connected.

 

 

| |

« Love letter from VE その6 | Main | 断髪式 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Love letter from VE その6 | Main | 断髪式 »