« HF2ANT SO2R | Main | zLogと送信RIGの連動 »

February 07, 2022

接点が増える毎にトラブルは増える

 

 


トリプレクサーも完成した
ので、いろいろRIGの配置を
変えたりしていたのですが、

その途上VUの3バンドGPである
X6000の動作がおかしいことに
気づきました。

144と430のSWRがとても高い、、
1200は正常のよう。

コネクタの接点不良とか
トリプレクサーの不良とか、
いろいろ疑って試してみましたが
結論的には、ANTがおかしい。。
144,430だけダメになる、、て
こともあるのかな??

バルコニーに出てて、ANTを見上げ
マストトップのGPを交換しなければ
ならないのかと、、
途中に2本八木ANTも付いていて
邪魔だし、その手順を考えて
いたら、かなり重たい仕事になるなと
気が重たくなって、30分ほど
ボーっとANTを眺めていました。


シャックに戻って、さてどうする
かなと再度、同軸をつなぎ
直していた時に、
???

あれ、なんか同軸がもう1本
垂れさがっている、、

ということで、X6000ではなく、
仮設で上げた1200のGPの同軸を
つなげていた、、、ということが
判明しました。

わかってしまえば、単純な話。。

しかし、144/430で50W送信して
しまったけど、1200GP壊れなくて
よかった。。。 RIGも。

 

接点が増えるごとにトラブルが
増える、という格言?は本当のようです。。

 

 

| |

« HF2ANT SO2R | Main | zLogと送信RIGの連動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« HF2ANT SO2R | Main | zLogと送信RIGの連動 »